当院について

医院のブログ

医院のブログ

2021.01.28

開咬の治療には、矯正用アンカースクリュー or アライナー矯正治療?


開咬とは、前歯が噛み合っていない状態のことです。その原因は、下顎面が長い面長な骨格などの先天的要因から、口腔周囲の習癖(指しゃぶりや嚥下時に舌を前に出すなど)、奥歯が過度な萌出などが挙げられます。

開咬を治療する際には、口腔周囲の習癖の改善のためにMFT(筋機能訓練療法)を実施することは必須ですが、並行して、矯正治療により舌が出にくい構造(噛み合わせ)を構築していかなければなりません。

多くの場合、前歯が噛み合わなくなっている状態を改善するためには、楔となっている臼歯の圧下が必要となります。この圧下という動きが歯の動きの中で最も難しく、絶対的な圧下を行うためには、矯正用アンカースクリューをアンカレッジと使用する方法が最も有効とされています。

以下に示す患者さんは、上の臼歯の過度な萌出をしているために、前歯が開咬となっています。原因となっている上の臼歯の圧下を行うために矯正用アンカースクリューを使用しました。上の臼歯が圧下されたことで、奥の楔が抜けて、下顎が前上方に回転して、開咬が改善していることがわかります。

また、アライナー矯正装置を使用することでも、臼歯の圧下が可能です。なぜなら、アライナーは歯の咬む面を覆うので、圧下の力をかけることができるからです。シビアでは無い開咬ケースに関しては、臼歯の圧下と前歯の圧下を組み合わせることにより、矯正用アンカースクリューを使用することなく開咬の治療を行うことができます。これは、患者さん取っては非常に負担が少ない方法です。

開咬治療は治療が難しいだけでなく、は治療後の後戻りのリスクが高いかみ合わせです。着脱式のリテーナーを使っていただくだけでなく、矯正用アンカースクリューを残して一定期間固定に使用したり、MFTも継続していただく場合があります。

開咬は、前歯でものを噛みきれないだけでなく、奥歯に過度な負担がかかるのですので、開咬で悩まれている方は、当院まで一度ご相談に来てください。