ブログ

HOME > ブログ

世界舌側矯正歯科学会 (WSLO) の認定医を取得しました。

矯正歯科 2019/07/08

2019.7.4 から2019.7.6まで、スペインのバルセロナで開催された世界舌側矯正学会(WSLO; World Society of Lingual Orthodontics)に参加してきました。 WSLOは、裏側の装置で行う矯正治療(舌側矯正歯科)の世界大会です。世界中の国々の矯正専門医先生方や日本の著名な先生方も多く参…

顎間ゴムはすごく大切です!

矯正歯科 2019/04/11

矯正治療中に、「今日から上と下にゴムをかけてくださいね」と説明させていただくことがあります。 これは、顎間ゴムといって、とても重要なものです。 装置の種類に限らず矯正治療させるほとんどの方に、治療中のいずれかのタイミングで使用することにことになります。  …

矯正治療後の修復治療(金属の詰め物のやりかえ)

矯正歯科 2019/02/11

矯正治療後に、金属の詰め物を白くやり替えたいと希望される方が多くいらっしゃいます。もともと入っていた金属の詰め物は矯正治療前の噛み合わせの時に作られたものですので、見た目の問題だけでなく噛み合わせの面からも再治療することをお勧めしています。また、金属を外した時に金属の…

マウスピース型矯正歯科装置について

矯正歯科 2018/12/17

マウスピース型矯正装置は、従来のワイヤー型矯正装置とは異なる大きく方法です。歯の表側に装着する矯正装置(ラビアルブラケット)と比較し、目立ちにくく、取り外し可能で、金属を使用しないという特徴があります。金属を使用しないために、金属アレルギーの方でも矯正治療を安心して受…

口が閉じにくい(叢生、上下顎前突、リンガル)

矯正歯科 2018/11/04

叢生(ガタガタ)を伴う上下顎前突(上下の前歯が前に傾斜した上顎)のケースで、上は第一小臼歯、下は第二小臼歯を抜歯し、上下リンガルブラケット装置(裏側矯正装置)にて治療を行いました。矯正用アンカースクリューを使用し、上下顎の前歯を大きく後方に移動させることで、口元…

子供の矯正治療について②

矯正歯科 2018/10/01

前回は、子供の矯正治療で、どのような場合に治療が必要になるかを生え変わりの順に解説していきました。 今回は、それぞれのステージにおける治療方法について解説します。 ①  第一大臼歯が生える時(6歳から7歳) ・上の第一大臼歯が前の乳歯に食い込んでしまう場合 このよう…

子供の矯正治療について

矯正歯科 2018/08/30

今回は、子供の矯正治療について解説していきます。 最近、6歳未満の方が矯正の初診相談に来られることがあります。 多くの方は、歯科検診やかかりつけ医で、歯並びに問題があることを指摘されたことが動機です。早く始めないと、この子の歯並びは手遅れになるのではと心配されて…

成人矯正治療で注意すべきこと②

矯正歯科 2018/08/19

今回は、適切でない被せ物が入っている場合の矯正治療について解説いたします。被せ物は、本来の歯の傾きと異なった方向に作られている場合があります。元々、内側に入っている歯を前に出したり、前に出ている歯を内側に入れたりすることで、歯並びを修正するためです。しかしながら、無理…

成人矯正治療で注意すべきこと

矯正歯科 2018/07/27

通常、矯正歯科は、歯並びの改善のみを行います。 しかしながら、成人矯正治療において、虫歯や歯周病、歯の欠損、合ってない被せ物や詰め物などがなく、すべて健全な天然歯であるケースは多くはありません。 それらの様々な歯科的問題を抱えた成人の矯正治療希望の方に対して、歯並…

ガタガタ(前歯部開咬・叢生・リンガル・20代女性・佐賀市)

矯正歯科 2018/07/11

叢生(ガタガタ)を伴う前歯部開咬(前歯が開いている咬み合わせ)のケースで、上下リンガルブラケット装置(裏側矯正装置)にて治療を行いました。開咬を改善させるために、ゴムメタルというワイヤーを使用すると同時に、患者さんにご自身でにエラスティックゴムを使っていただきま…
1 / 212
PAGE TOP