当院について

医院のブログ

医院のブログ

2022.11.10

インビザライン症例の解説2(エラスティックは重要です!!)


アライナー矯正治療(インビザライン)を成功させるためには、エラスティック(上下の歯に自分でつけていただくゴム)の使用は非常に重要です!!

私たちは、エラスティックの使用を想定した歯の動きを考えてシュミレーションを作成するので、エラスティックの使用をご協力いただけないと、治療計画通りに歯が動かないだけでなく、逆に動いてしてほしくない方向に歯が動いて歯並びが悪くなってしまいます。

今回のケースは、上の八重歯を綺麗に並べたいという希望で来院された患者さんです。

上の八重歯を歯列に入れるためのスペースがないため、上の奥歯を後に移動させて、八重歯スペースを確保する計画を立てました。インビザラインの場合は、歯を1本ずつ後に下げていきます。しかし、奥歯を下げる力に対して、前方の歯を前に押し出そうとする力がかかるのでそれを打ち消すために、右上のシェーマのように上下にエラスティックを使用していていただきます。エラスティックを使用せずにアライナーだけ使用し続けたら、前歯が前に出てしまい出っ歯になってしましまいます。

アライナー作成のために作成した実際の歯が動くシュミレーションです。奥歯を後に下げてから前歯を配列しています。

上の写真のようにアライナーを装着した上からエラスティックをかけます。

徐々にスペースが前方に移動している治療経過の写真です。

治療終了後の写真です。患者さんが処方通りにエラスティックをしっかりと頑張って頂いたので、十分な仕上がりで治療を終えることができました。

エラスティックの掛け方などは、当院のスタッフから丁寧に説明させていただきます。

説明用の動画などもラインにて送らせて頂いています。

・20歳代 女性
・装置:インビザライン
・抜歯部位:非抜歯
・治療期間:1年6ヶ月
・リテーナー:上下フィックスリテーナー
・リスク及び副作用:
 歯根吸、歯肉退縮、アンキローシス、歯髄壊死、顎関節症状

※写真の使用は患者様から同意を頂いております。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザ来院)
施術内容:カスタムメイドで作成された透明なマウスピースタイプの装置を、定期的に交換しながら少しずつ歯に適切な力をかけて、歯並びを治す歯列矯正治療です。

費用:検査・診断料¥38,500、基本料金¥704,000〜¥814,000、調整料¥3,300/月、抜歯¥5,500/本、保定装置¥22,000(税込)

副作用・リスク:自費診療(保険外診療)となります。症例によりますが、6ヶ月〜3年程度の治療期間が必要です。他の矯正歯科治療と同様に、セルフケアを怠ると、虫歯や歯周病を発症する場合があります。マウスピース交換後は、一時的な鈍痛や咬合痛を発症する場合があります。不正咬合の状態によっては、適応しない場合があります。当院の指示に従わない使用方法では歯が動かない場合があります。動的治療終了後は、保定装置を装着する必要があります。

医薬品医療機器等(薬機法)に関する記載事項:
・歯科用インビザライン矯正装置は、日本国内において薬機法未承認の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
・マウスピースに使用している材料自体は、日本の薬事承認を取得しています。
・「インビザライン」は米国アライン・テクノロジー社の製品の商標であり、製品等は全て関連企業のインビザライン・ジャパン社より入手しております。
・日本国内においては、同様の医療機器が薬事承認を得ております。
・「インビザライン」は、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに1100万人を超える患者さんたちが治療を受けています。(2021年12月時点)