矯正治療について

矯正歯科

矯正歯科

2018.06.17

イベント事(結婚式、成人式)と矯正治療の付き合い方


結婚式や成人式までにある程度歯並びを綺麗にしたいけど、装置を外すことができますか?という相談をよく受けます。

表側の装置の場合はやはり笑うと装置は目立ちますし、特別なイベント事なので、外したいと希望させる方がほとんどです。

もちろん装置は外すこはできます!

結婚式の場合は、前撮りされる直前に当院に来院していただき、装置を撤去します。しかし、撤去したままにしておくと、せっかく途中まで並んだ歯並びがまた動いてしまうので、裏からワイヤーで固定します。金属アレルギーがある方や噛み合わせの関係でワイヤーの装着が困難な方は、取り外しができる透明のマウスピースを使用していただきます。透明のマウスピースは、少し喋りにくいので、式当日だけはずていただいています。

このように歯並びが元に戻らないように固定することは、非常に大事です。式が終わって、新婚旅行にそのまま行かれたり、前撮りを1ヶ月前ぐらいにされる方もいらっしゃいますので、1ヶ月から2ヶ月程度、治療を中断することになるからです。

歯を抜いた隙間がまだ残っている場合は、その隙間が目立たないように仮歯を装着します。ただ外すだけじゃなく、せっかくなので、綺麗に見えるように徹底します。もちろん撤去後にホワイトニングをすることも可能です。

式や新婚旅行が終われば、すぐに来ていただき治療を再開します。出来るだけ治療期間を延長させないためです。

ガタガタも半年ぐらいあれば、ある程度並びますし、装置も外す事ができるので、半年後に結婚式を控えていても矯正治療を開始することに躊躇する必要はありません。もちろん治療開始まであれば、全く見えない裏側の矯正装置(装置をつけたまま結婚式を行うことができ、治療を中断する必要がありません)やマウスピース矯正装置も選択することができます。ぜひご相談ください。

撤去し装置を再装着にかかる費用は、固定用のワイヤーやマウスピースを含めて

上下表側の場合は2万円、ハーフリンガルの場合は下だけなので1万円です。