矯正治療について

矯正歯科

矯正歯科

2018.07.11

ガタガタ(前歯部開咬・叢生・リンガル・20代女性・佐賀市)


叢生(ガタガタ)を伴う前歯部開咬(前歯が開いている咬み合わせ)のケースで、上下リンガルブラケット装置(裏側矯正装置)にて治療を行いました。開咬を改善させるために、ゴムメタルというワイヤーを使用すると同時に、患者さんにご自身でにエラスティックゴムを使っていただきました。治療期間は2年です。

 

主訴:ガタガタ

年齢・性別:20代女性

治療装置:上下リンガルブラケット(クリッピーL)

治療方針:叢生の改善した後に、エラスティックゴムで開咬の改善を図る

抜歯部位:非抜歯

治療期間:2年

リテーナー:上下リンガルリテーナー、上アップアラウンドリテーナー