ブログ - 矯正歯科

HOME > ブログ > 矯正歯科 > 矯正治療後の修復治療(金属の詰め物のやりかえ)

矯正治療後の修復治療(金属の詰め物のやりかえ)

矯正歯科 2019/02/11

矯正治療後に、金属の詰め物を白くやり替えたいと希望される方が多くいらっしゃいます。もともと入っていた金属の詰め物は矯正治療前の噛み合わせの時に作られたものですので、見た目の問題だけでなく噛み合わせの面からも再治療することをお勧めしています。また、金属を外した時に金属の下に虫歯があることが多くありますが、それは、時間が経つと金属と歯の間にあるセメントの溶出が起こり、金属と歯の間に隙間ができて、そこから細菌が侵入するからです。

金属の詰め物の再治療の際に、当院では、高性能接着材料であるコンポジットレジン修復を第一にお勧めしております。

コンポジットレジン修復のメリットとしては

身体の負担が少ない

詰め物による修復治療と違い、詰め物を装着するスペースをつくる必要がないので、歯を削る量が少なくて済み、歯型をとる必要がありません。

治療期間が短い

即日で、治療が終了しますので、お忙しい方にも適しています。ただ、後日に他の処置で来院していただいた時に、仕上げの研磨や形態修正を行うこともあります。

金属アレルギーなどのデメリットがない

金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。また金属が溶けだすことによる歯や歯茎の黒ずみも起こることがありません。

虫歯に対する抵抗性が高い

歯と詰め物にセメントを介する詰め物による修復治療と違い、クラレデンタルが開発した「メガボンド」と呼ばれる接着システムを使用し、削った歯の表面に細菌が侵入しないように封鎖しのちに、修復を行うので、二次的な虫歯に非常になりにくい状態となります。

比較的、小さい範囲の修復であれば、保険適応となりますが、隣の歯と接する部分を含む修復が必要な場合は保険外の自費治療となります。

当院では、矯正治療を開始する際に、歯並びだけでなく、矯正治療後の歯の修復治療についても説明を行なっております。せっかく歯並びが良くなったのに、笑うと金属が見えてしまうのは、審美的でないからです。

歯並びだけでなく、金属の詰め物なども気になる方は、ご相談ください。

PAGE TOP